キャッシング審査・金利比較

キャッシングを使って返済が遅れると何がおこるかと言えば、もともとの金利を支払う上に滞納したことによる損害金を請求されたり、もっと悪い場合は、ブラックリストと呼ばれる事故情報名簿に載せられてしまいます。
そんなことになってしまいそうな場合には金融会社に必ず申し出ることです。
お金を借りるためには審査があって、それに通らないと借金する事は不可能です。
各々の消費者金融で審査のラインは違うので一様にどのような事に気をつけたならパスしやすいかというのは言えませんが、所得が大変関係しています。
真っ当な金融機関ならば、カードローン契約の際は、審査を前提とします。
この審査においては、申込者に融資を行った場合にスムーズに返済が行われるかどうかを判定します。
申込者の職業、勤務先、勤続年数、年収、居住形態などの属性面と、各種ローン契約利用状況など信用の面からトータルでみて検討を行い、問題なしと判定されれば、審査を通過できます。
キャッシングというとクレジットカードとカードローンを混同していることは意外と多いです。
簡単に言うと、この二つ、借りられる限度額は全然違うのです。
ショッピングで使うクレジットカードはキャッシングの上限が10?20万円と低く、信用度合いで上がりますがそれでも100万程度でしょう。
一方、カードローンは融資を主目的とし、最初から100万円を超える高い限度額があることは、もはや常識です。
こう説明すると、みなさん違いに納得されます。