インターネット料金の仕組みってどうなっているの?

インターネットを利用する場合は、回線事業者とインターネットプロバイダーの2つの事業者との契約によって接続が可能になります。
ですのでインターネット料金は回線事業者とプロバイダーそれぞれに支払う事となります。
具体的には、回線事業者には回線利用料や回線終端装置使用料、プロバイダーには接続料が基本の料金となります。
回線事業者とプロバイダーともに、さまざまな契約プランを提供しており、その契約内容によって詳細な料金は決められます。
例えば回線事業者であれば回線速度や、光回線やADSLなどの回線タイプによってさまざまなプランが存在し、プロバイダーではオンラインサービス有無によって料金が異なります。

特にプロバイダーは利用する業者によって利用料金に差が出る事が多く、その提供するサービスも多岐に渡ります。
インターネットの利用を検討する際には回線事業者を比較する事も大切ですが、インターネット利用料金を重視するならばプロバイダーを特に比較し検討する事が重要となります。