子供も使える白髪染めって?

白髪といえば、歳をとってくると生えてくることがほとんどだと思いますが、必ずしもそうではありません。
もちろん、若白髪という言葉もありますが、まだ小学生くらいの小さいお子様にも白髪が生えてくる場合があります。
もし自分のお子様に白髪を見つけたら、かなりショックだと想像できます。
これはお子様にとっても、大変です。
学校ではいじめにあう可能性もあるでしょう。
自分の頭髪に対して、強烈なコンプレックスを持つことになります。
この時、親として「今の自分を受け入れろ。
もっと強くならなきゃいかん。
周りの評価など気にするな。
」と言うことは出来ますが、それは大人の身勝手で一方的な価値観だとも言えます。
自分のせいでもないのに、周りと違うことで疎外感を味わうお子様は可哀想です。
大人は白髪染めをしていいのに、子供はダメというのでは理屈が破綻しています。
解決してあげられることはやってあげて、少しでもお子様の障害を少なくしてあげるのも親御さんの大切な役割です。
白髪染めをすれば解決する話なのですから。
小さいお子様に自分で染めさせるのはもちろん危険ですので、親御さんがやってあげましょう。
お子様は総じて肌が弱く、白髪染めの薬剤はかなり刺激が強いものとなりますので、肌の保護をしてあげることが重要となります。
通常はワセリンなどで良いのですが、白髪染めやヘアカラー専用の保護クリームというのも販売されています。
生え際や耳の回りなどだけではなく、頭皮も保護できるものもありますので、こういうものを使用してあげると安心だと思います。
また、白髪染めの薬剤自体にも、低刺激性のものがあります。
一般に販売されている白髪染めは「酸化染料・アルカリ剤・酸化剤」などを使用しており、肌にはお世辞にもやさしくないものが使用されています。
これに対し、植物由来の染料(ヘナやインディゴ)を使用したものや、肌にアレルギーを起こしにくい銀イオンの力を利用した白髪染めなども存在します。
保護クリームで保護した上にこれらの低刺激性白髪染めを使用することで、肌へのダメージを最小化することが出来ます。
ある日突然、白髪が黒く染まっていたら、白髪染めをしたことをネタにいじめる子もいるかもしれません。
そこまで考慮に入れるのであれば、徐々に染まる白髪染めを利用するのも手だと思います。
白髪染めシャンプーなどはお子様でも簡単に扱える上、肌にもやさしく、日に日に徐々に染まっていくので、自然に黒髪になったように見えると思います。