フラット35金利と収入の審査

収入合算とは、住宅ローンを申し込もうとする人だけの収入では申し込み資格の基準に満たない場合に、親や配偶者の収入と合算することで解決する方法です。
この場合、合算する人の収入をすべて算入できるかは金融機関によって異なります。
夫婦共働きを前提に資金プランを立てて収入合算した場合、出産や子育てなどで妻が退職すると返済が困難になる可能性がありますから、事前の生活設計が重要になってきます。
フラット35の場合、申し込み資格に年収金額の明記はありませんが、総返済負担率という規定があります。
これは借り手の年収に対する年間返済額の割合で、分割払いやクレジットカードでのリボ払い、カードローンなどのキャッシングや、今回融資を受けるフラット35の支払いも含まれます。
年収400万円以下の人は総返済負担率は30%以下、400万円以上の人は35%以下という規定になっています。
金利が安いおすすめのフラット35は?